TOPICS

【今月のNEWS】

2017年8月24日

NHKの「銀の雫文芸賞」で、私の短編小説「年賀状」が優秀賞受賞!

高齢社会をどう生きるかをテーマに、NHK厚生文化事業団が募集した文芸賞。全国から713編の応募があったなか、最優秀賞は逃しましたが、優秀賞2名に入りました。選者は出久根達郎氏、竹山洋氏、里中満智子氏。年賀状を通して、高齢者をつなぐ絆を描いた作品です。10~11月に受賞作品と選者のコメントをまとめた小冊子ができます。NHKで授賞式も行われますので、逐次このページでご報告いたします。 →NHK厚生文化事業団サイト


[今月のCAFÉ]
★お茶と花を同時に
楽しめるお店をご紹介!

骨董通りにニューオープンの「アグライア」

昨年12月、「植物と暮らす豊かな時間」をテーマに、南青山6丁目にオープンしたコンセプトストア。花々とともに、ギャラリー、カフェ、バーが併設されています。写真は、ギャラリーで、インドの手漉き紙に描かれた絵画と、呉須と銀彩の器が展示された「安田奈緒子展」開催中のもの。カフェの一味違うケーキセットは1200円。TEL:03-6451-1367

目白台の「野菜倶楽部・オトノハカフェ」

椿山荘と講談社野間記念館に隣接し、緑豊かなエリアにある可愛いカフェ。店内は、2階まで吹き抜けの開放的な空間。野菜倶楽部と銘打つだけに、直営農場からの野菜を材料にしたオーガニックな料理やスイーツは、味もボリュームも人気。併設のグリーンショップ「音ノ葉」では、季節の草花、庭木、観葉植物などを販売しています。TEL:03-3942-1077

銀座3丁目の「茶房・野の花」

2階の「茶房・野の花」は、山菜を佃煮風に調理した野山のごちそうやおにぎりランチ、自家製の甘味など、銀座の「和」を静かな雰囲気の中で味わえます。ギャラリー「スペース司」も併設。1階の「野の花・司」は、野草・茶花の専門店。50種類をこえる珍しい花々、枝ものが揃っているうえ、山野草の鉢、苗、寄せ植えなども充実。TEL:03-5250-9025

[今月のBOOKS]

「不時着する流星たち」小川洋子著 角川書店

ヘンリー・ダーガー、グレン・グールド、エリザベス・テイラー…。世界のはしっこでそっと異彩を放つ人々をモチーフに、その記憶、手触り、痕跡を結晶化した珠玉の10篇を掲載。 作者ならではの、個性的な文体が生み出すユニークな世界が、次々展開。今までの作品から一歩踏み出した新鮮さが魅力です。2017年1月28日刊 1500円


1
2
3