TOPICS

【今月のNEWS】

2017年11月15日

「NHK銀の雫文芸賞2017」贈呈式に出席!

応募の小説「年賀状」の授賞式のため、NHK放送センターのVIP会議室へ。厚生文化事業団の鈴木賢一理事長から、賞状と賞金を授与。司会は元アナウンサーの山根基代さん。その後の懇親会では、審査員の作家・出久根達郎氏、脚本家・竹山洋氏ほか、受賞者の方々と歓談。この賞の創設に寄与した孤高の文筆家、故・雫石とみさん(文筆家)に感謝の一日でした。

2017年11月15日

「NHK銀の雫文芸賞2017」入選作の作品集、好評発売中!

「高齢化社会をどう生きるか」をテーマに、小説を募集するこの賞も、30回目。応募総数713編の中から入選作に選ばれた3作品(私の「年賀状」も優秀賞に)と、選評をまとめた作品集が好評発売中です。ご興味ある方は600円分の切手を同封して、NHK厚生文化事業団「銀の雫」係(〒150-0041 渋谷区神南1-4-1第七共同ビル)まで、お申し込みください。
連載「年賀状」第3回最終回は、こちらからどうぞ→

[今月のCAFÉ]
★クリスマスは銀座の
 パリの香りのする
 お店で!

銀座2丁目の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」

伊東屋の先を右折したところ、パリの古いアパルトマンという雰囲気のカフェ。1階はケーキショップ、BIがカフェ。メインのクレープシュゼットは、薄く手焼きしたクレープを、目の前で温め、バター、オレンジ果汁、グランマルニエでフラベしてくれます。ポッと目の前で青い炎が燃えて。クリスマス気分満点です。クレープは1600円。(TEL03-3562-2721)

すずらん通りの紅茶専門店「マリアージュフレール銀座本店」

600種類のさまざまなお茶とケーキ、料理を楽しめるお店。「フランス流紅茶芸術」を開いてお茶を選んだら、ちょっと待って。お茶の葉はカップに注ぐ直前に引き上げるのが鉄則で、お茶によって供される時間が異なります。パリっぽい店内、白いテーブルクロスでいただく本格的な紅茶は、家で飲むのとは違って、クリスマスにぴったりかも。(TEL03-3572-1854)

[今月のBOOKS]

「フランス人は10着しか服を持たない」ジェニファー・L・スコット著
 大和書房

70万部を超えたベストセラーの文庫化。典型的なカリフォルニアガールだった著者が、フランスのマダム・シックから教わった “暮らしの質”を高める法。書名が注目を浴びたのだと思うが、上質なものを少しだけ持ち大切に使う、日常の中にささやかな喜びを見つけるといった内容。特別な秘訣はないが年末には一読の価値あり。2017年5月15日刊 650円


1
2
3